バイク買取査定のポイント

バイク買取は基本的に起動がすぐ出来る状態での買取額で査定されます。



このため車検切れを含めた不動車と言われるものは査定額が低くなることがあります。業者側で車検を受ける事で走行可能になるのなら車検代を引いた額で買取る仕組みとなっています。インターネットを利用した査定には2段階あり、1次査定は型番や走行距離、修理履歴など一般的な査定を行って見積もりをおこなっており、2次査定に実際に売主と相談して買取額を決めることになります。
このため1次査定と実際のバイク買取額では誤差が生じる場合が多くあります。

OKWaveの情報はこちらのサイトです。

多くの場合は高額査定をしてもらう為に買取前に傷などを修理されることがありますが、買取価格と修理代を照らしあわすと修理代の分だけ損していることも多いので、傷は修理されずに立会い査定を受けることをお勧めします。


売り手側にも買取希望価格があるので、ネット査定を受けた場合は希望価格に近いバイク買取業者を何社か決めておいて、立会い査定を受けると良いです。



別に立会い査定を受けたので、そのバイク買取業者に依頼する必要はないので全部の業者の立会い査定が終わってから、ご自身の希望価格と近い業者に依頼することも可能です。
別に複数の業者に査定を依頼している事を秘密にする必要はありませんが、他社の買取価格を漏らす行為は控えた方が良いです。お互いが気持ちよく売買契約できる環境を作る事も必要です。
売買契約が成立してお互いが満足できることが大切です。